名刺交換

名刺印刷こだわるところは奮発する

談笑する会社員

自己紹介が苦手な人は、名刺を制作すると良いでしょう。信頼できる印刷業者と出会えることで良いデザインに仕上がります。自分をうまくアピールするためにも業者は慎重に選択しましょう。また、インターネットの口コミは実際に利用した人たちの意見をチェックできます。大いに参考にしましょう。
名刺のデザインは美しく仕上げることに力を注ぎましょう。趣味の悪いカラーコーディネートでは、美しく仕上がりません。会社や自分のイメージを悪くさせてしまうので、まずはカラーコーディネートの知識を身につけましょう。制作費用を抑えて妥協しようとすると、イメージとかけ離れたデザインに仕上がってしまうこともあります。満足感の高い名刺をつくるために、ケチらずにこだわる部分は奮発しましょう。
顔写真を入れるのは顔を覚えてもらえるためには良いですが、プライバシーの面ではあまり良くありません。顔写真ではなく、似顔絵を入れてみましょう。絵が得意なら自画像、あまり得意でなければ費用はかかりますがプロに任せましょう。名刺はサイズが大きすぎてしまうとケースに入らないので、気をつけましょう。小さすぎても読みにくくなります。標準サイズを意識して制作すると良いでしょう。

営業職なら名刺印刷を利用したい理由

自己紹介ツールとして有効な名刺ですが、営業職の人はオリジナルの名刺印刷で、自分だけの名刺を持ちたいものです。大抵の場合、会社から支給される名刺は何の変哲もない、ありふれたデザインのものとなります。会社名と自分の名前、連絡先が記載される程度です。裏面には営業所のリストが記載されるくらいで、特に目を引くようなものはありません。このような名刺を受け取る側から見ると、どの会社も個性がなく記憶には残らないでしょう。
そこで営業職としては、自分を売り込むために自分だけの名刺を作るというわけです。そこにはどんな取り組みをしているのか、あるいは何を目指しているのかなど、自分の意見というものを記載するわけです。これは受け取った側からすると、強烈なアピールとして感じます。多くの営業マンから名刺を受け取る中で、特に印象に残ることになります。
ただし個人でその費用を負担することになるとで、コストはできる限り抑えたいものです。仕事によっては大量の名刺を配ることにもなります。そこで利用したいのが、通販型の印刷サービスです。これはサイト上でユーザー自身がレイアウトデザインをすることができるので、自分なりの凝ったものを作れる利点があります。

美容院が作りたい名刺印刷とは

名刺印刷はショップカードとしても利用されるようになっています。会計時に、レジのカウンターに置いておけば、お客さんが目にして持ち帰ってくれるからです。そこで美容院のショップカードとして名刺印刷を頼む場合のポイントを挙げてみます。
まずお洒落に敏感なお客さんが来店するので、名刺のデザインも目立つようにしたいものです。目的はリピーターの確保なので、定期的に来店してくれるような仕組みも考える必要があります。そこで1つ考えられる工夫としては、名刺に割引クーポンを付けることです。ただし1人で何枚も持ち帰って、何度も利用するのは避ける必要があります。そこで期間限定のクーポンを印刷した名刺を作ることが必要です。
定期的に適用期間を印刷するために、オンデマンド印刷を行う印刷サービスを利用することになります。オンデマンドならば、少しずつ印刷しても料金単価は安いのでお得です。あるいはベースとなる名刺は最初に大量に印刷しておいて、定期的に変える部分はオンデマンドで行う方法もあります。ベースの名刺をオフセット印刷で行なっておけば、高精細な仕上がりになると共に、料金もかなり安くなります。このような工夫をすることで、集客ツールとしての名刺を作ることができます。


名刺印刷業者をお探しの方はBUSINESS名刺印刷所にお任せください!オーダー名刺やデザインテンプレート名刺など簡単にデザインを選べ、依頼が可能です。

new information